忍者ブログ

[PR]

2017年10月20日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

HoN 10$勢(無料勢)のために Pt.2

2011年05月05日
 HoN10$勢(最近買った人)のために。 ~Skill Build編~
どうもjo_Olです。
ある程度試合数をこなして来たところでそろそろ各HeroのSkillや各Itemの効果については覚えて来たかと思うので、今回はPt.1から一歩進んでSkill Buildについて。
Item Buildに関しては書いてるうちにごちゃっとしてきたんでまたまとめて次の記事にまとめて書きます。

 
3. Skill Build
Skill Buildにおいて、自分がSkill Buildを考える時に大きな要素となる2点を挙げて説明します。
各Hero 4つ(+Status)のSkillの中から順番を考えるだけですがこのSkill Buildの選択の判断を間違うだけで大きくK/Dにも関わってくると自分は考えます。
 
■最もダメージの出せるSkillの組み合わせを優先的に上げる
序盤-中盤にかけてのゲームでは殴るダメージよりも明らかにSkillで出すダメージの方が大きいので、Skillをぶつけてそれで敵が死ぬのであれば非常に簡単。
勿論、殴り込みでのダメージも念頭に置くので、殴れる回数を増やすことにも繋がるStunやSnare効果を持つSkillであれば尚良しと言うかそれも含めて考えます。
加えて序盤-中盤におけるゲームの流れとして集団戦よりもGankによる動きの方が多いので、その際に敵を簡単に消し飛ばし、人数差を付けた状態で次の行動へ移行できる事は非常に大きいです。
これは如何に敵を殺すかという点を考えた要素になります。
 
■逃げSkill, 無効化Skillはあると便利
BlinkやLeapと言ったSkillはあるだけで逃げに使えて便利な上に追撃の際に使えることも考えると結果としてダメージを与えることにも繋がります。
ChipperのForcus BufferやBubblesのTake Coverの様な敵Skillダメージを減少/無効化出来るSkillはそれだけで敵のKill Chanceを下げることが可能です。
これは如何に敵に殺されないようにするかと言う点を考えた要素になります。
 
これら対極を成す2要素ですが、これらを念頭に置きつつ対面Heroは何がいるのかと言うことを加味して最終的なSkill Buildを選択します。
例を上げるとすればChipperでSide Laneに言った場合、一番ダメージが出せるのは1-2-1-2-1-Ultの組み合わせとなりますが、対面にSwift+Glaciの様な組み合わせが来た場合には
1-3-1-2-1-Ult もしくは 3-1-1-2-1-Ultにして相手のSwiftのBlade FrenzyのダメージをFrucus Bufferで軽減し、殺されないことを考えつつも残りのSkillのうちからMain DDになる1をしっかりと伸ばし、
1番を当てやすくする、よりダメージを上げる2番を次いで伸ばします。
どちらかと言えば死なないこと優先でのSkill Buildを優先して伸ばす方が安定すると自分は考えます。


とまあここまでが自分の考えるSkill Buildの話。
訳の分からないSkillの振り方をして通称"じょる振り"とまで謳われた謎のSkill Buildをやっていたアホな自分もいますがこのあたりのことを考えると・・・アホだったなぁと思います。
なのでこれを見た人たちは「うわーこいつじょる振りしてるぜー!」なんて言われないようにがんばりましょう。


Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL:

PR