忍者ブログ

[PR]

2017年07月24日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

HoN 10$勢(無料勢)のために Pt.3

2011年07月07日
 HoN10$勢(最近買った人)のために。 ~Item Build編~
 4. Item Build
Item Buildについても作ろうと思えば何でも作れるのですが、より効率の良いItem Buildは存在します。
 
■初期 Item
初期Itemにおいてまず必要となるのは回復系のItemです。回復系がないとちょっとしたハラス喰らった時点で泉に戻ることになり、それは非常に効率が悪く、強力なUltをLv6で覚えることを考えると
それまでに明らかに無駄な経験値ロスをすることはデメリット以外の何者でもありません。
なので最低限の回復アイテムは持ちましょう。一部のHeroを除き、Runes of the Blight+Health Potionの組み合わせは確実に必要と言っても過言ではないと思います。
加えて、必要なときにSkillを使えるようにするためにもSkill Fighter寄りのHeroでSideの場合にはMana Potionも1,2個持っても良いと思います。
次いで重要になってくるのはステータスを上げるItemであると考えます。
Midの場合には特にBottleを持つHeroが多く(加えてRune管理を行うことによりBottleをRechargeしてLaneにより居座りやすくするため。=持つ以上は2分置きにRuneの管理を行う必要がある。)、Bottleへつなぐためには序盤からしっかりとLHを取ることが非常に重要になると考えるため、LHを取るために攻撃力の底上げをする、またHPも少ない初期段階ではHPを上げる事にも繋がるので重要であると考えます。
攻撃力を上げる、HPを上げる、Mana Poolを確保する、いずれも非常に重要なこととなるので序盤 中盤 終盤にかかわらずステータスを上げる事は非常に重要です。
後はLHをより重視して取りたいならHachetを購入したり、Rengeだらけの敵構成に対して自分がMeleeの場合には殴りでのハラスが厳しいことが予想されるのでIron Bucklerを購入したりします。


 
■Hero特性に合ったItem
Skill Buildで言う最もダメージの出せるSkillの組み合わせを優先的に上げる部分に当たる物です。

□Boots
でまず一番最初に迷うのがBootsでしょう。大凡のHeroにおいてSteam Boots もしくは Ghost Marchersで悩む人が多いかと思います。
この二つのBootsに使い分けに関する個人的な使い分けとして、特にMelee Heroにおいては敵を継続して殴り続ける必要がある(=Carry的な役割の場合)のでGhost Marchersを持つことでよる楽に動けると考えます。
またBlinkの様な敵に無理矢理近づけるSkillがないHeroにおいてはGhost Marchersを買うことで、Initiate Skillをより当てやすくなり有利に動けると思います。

Steam BootsはGhost Marchersと違い、Statusを伸ばすことが可能です。また攻撃速度(Increase Attack Speed)を稼ぐことも可能です。
これらの利点を使い、相手にNuke Skillが多く、少しでもHPを稼ぎたい場合や、Typeの切り替えを使いBottleの様な回復アイテムをより効率的に使うことが可能になります。

まあ一概に"こちらでなくてはだめだ"と言うことは無く、後に作るItemでそれぞれのデメリットを補ったりすることもあるし、好みとかもあるので参考程度にでも。

Stridersに関しては俗に言うワードビッチの皆様やRoam主体で動くようなHeroに関してはレーン間の動きや靴以外に裂くべきItemが存在するのでStridersがオススメ。
 
またPushするときに便利なPlated GreavesはPush構成の時や、Armorが欲しいときに作ると良い感じでしょう


他に関してはCore ItemとよばれるMagmusやBehemothにおけるPortalkeyのようなアイテムは狙う物として、それ以降は自分のSkillをより当てやすくしたり強くしたりする物を選べばいいかと思われます。
 
 
■敵に合わせたItem
例えばCarryなら中盤から後半にかけて装備を調えて相手をきっちり殴り殺す事がCarryの仕事になるわけですが、相手も当然殴られたくないのでDisableを掛けてきたりして殺しに来ます。
当然スキルよるDisableやダメージをまんま喰らうと当たり前ですが死ぬので、それを如何に喰らわないようにするかを考えないといけないわけです。
MagやBeheの場合で言えばUltを問答無用で決めるべくPortalkeyを持ったりしますし、IntのSkill Fighterで相手に殴りCarryがいるときにはVoid Talismanを作ったりします。
例えで言えば
・MagicDDが多い → 400gのMystic Vestamentsを持つ / BKBを持つ
・Stunが多くて身動きがとれない → BKBを持つ
・BKB貫通の面倒なスキル(主にタゲ指定が多い) → Nullstoneを持つ
 
如何に敵のSkillや攻撃をかいくぐり自分が有利にSkillや攻撃をぶつけることが出来るかを考えましょう。




今回はこのくらいかなあ。自分がまともに考えられてやってるときはこんな感じで考えてItemを作ってますよって言うお話。
立ち回りに関してやLH精度に関しては上手くないからえらそうな口をたたけねーし知識だけで物言える事に関しての基礎的なことに関してはこのあたりまで。
とりあえず長い期間がかかったけど最初に書こうとしてたことはあらかたかけたからとりあえずここまで。またなんかあればHoNのガイド的なのは書こうかなと思ったりしなかったり。

あと最近このBlog呼んでくれた人がIMとFriend送ってきてくれてMumble呼んで一緒にやってたりしてます。wardの置き方とかもまだ覚えないといけないことあるだろうし、5人で行くときはちょっとキツめに言われたりもしてるけど彼もがんばってる感じ。
仲間が増えることは良いことだし楽しいからこのBlog呼んだりして一緒にやろうぜってひとはjo_Ol宛になんか飛ばしてね。一緒にやろう。

Comment
No title
もしかしたら、他の項目ですでに記述があるのかもしれませんが、初期アイテムの欄で少し話しが出ている経験値についてもう少し重要視させるような説明があるとなおGoodだと思います。LHの重要性ももちろんですが、Denyの重要性の説明があっても良いかと思います。
ちなみにjol君の欠点は
1.視点
2.LH・Deny精度
3.JolFire
4.JolFire
5.JolFire
ではないでしょうか!!
と、長々書いてみました。いかがでしょう?jol君!
JolFireで思い出しましたがMiniMapの重要性の説明なども良いかもしれませんよ。
はい、ということで今年中にまとめあげ提出するように!
No title
jolfire大杉やろ・・・

まとめてみますね・・・
No title
強くなりたければ俺を串かつに連れて行け、話はそれからだ。
No title
だが衣を取る野郎はダメだ
No title
初期アイテムは赤靴
そんな風に思っていた頃が僕にもありました
No title
移動速度を生かした以下略
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL:

PR