忍者ブログ

[PR]

2017年10月20日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CS1.6 Server @CeontOS5

2009年05月10日
CentOS5 にてCounter Strike 1.6用の鯖を立てようと。
CentOS5自体のインストールについては割愛。

~ぐだぐだと鯖をたてるの巻~

■Steam用ディレクトリ作成(名前は任意)
# mkdir srcds_l

■HLDSupdatetool.binをとってくる
# cd srcds_l
# wget http://steampowered.com/download/hldsupdatetool.bin

■chmodで実行権限付与して実行
# chmod 755 ./hldsupdatetool.bin
# ./hldsupdatetool.bin
~省略~
インストールしますか? yes or no と聞かれるので当然"yes"

sh: uncompress: command not found
CentOSだと基本的にシェルがuncompressコマンドねーよって怒る

同じ働きをするgunzipにシンボリックリンクを作成
# ln -s /usr/bin/gunzip /usr/bin/uncompress
(これでuncompressコマンドを呼び出すとgunzipが動いてくれる)

# ./hldsupdatetool.bin
これでhldsupdatetool.binが展開されて
・steam
・readme.txt
が生成される。

■steamを実行してCS1.6鯖用ファイルの取得
# ./steam
(管理者権限でやらないとたぶん"Getting version 34 of ~"から進まない)

とりあえず先にhldsディレクトリを作成して(hldsディレクトリの中に鯖ファイルが展開)
# mkdir ./hlds
# ./steam -command update -game cstrike -dir ./hlds
ずらずらと進捗状況が表示されて100%になれば完了。

■hldsを実行
# cd hlds
# ./hlds_run -console -game cstrike +map de_dust -maxplayers 13 -autoupdate
これでポートの設定やらちゃんとできてれば鯖が立ちます。



とりあえず立つとこまでは説明できたから今回はここまで。
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL:

PR