忍者ブログ

[PR]

2017年07月24日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

HoN 10$勢(無料勢)のために Pt.4

2011年08月01日
10$とかいう問題ではなくついに無料になっちゃった感じのHeroes of Newerth
今回はレーン(サイドレーン)での動き方についてでも個人的な意見を。
動き方に関して以下の点について書いてみる。
(Proレベルのゲームについてはちょっとずつ話がずれるかと思うのでその辺はご愛敬)

5. HoNの世界における時間の流れについて

■時間の分け方について
Heroes of Newerthの世界においては
Early game(序盤0min~) - Middle game(中盤10min~) - Late game(終盤 30min~)
勿論時間の経過に応じてこういう感じでゲームは進んでいくわけでして、それぞれの時間に応じて、Heroの役割毎に片寄りのある動きが出てくる感じ。

□ Early game(序盤0min~)
まさに始まったばっかりのこの時間。
ほぼ全てのHeroにおいてこの時間帯は準備の時間とも言えます。レーンに流れてくるCreepをメインに経験値やお金を取得していき、この後に控えるチームファイトのための準備をする。
主にこの時間帯をLvに直すとだいたい調子が良いとLv11くらいまでの時間になるのかな?
当然、この時間帯に確りとした蓄えをすることができれば or 相手に差を付けることが出来れば(経験値、お金共に)この後の時間帯においてもほぼほぼ優位に立ちながらゲームを進めることが出来る。
全てのHeroにおいて自分に必要な最低限の装備、Lvを稼ぐ超重要な時間帯


□ Middle game(中盤15min~)
強力なUltimate Skillを覚えたり、自分の持つメインスキルのLvがMaxに到達し始める。Skill Fighter全盛期なこの時間帯。
この時間帯における戦闘の主体は、まだまだSkill Fighterがメイン。Carryがよっぽと調子乗ってるとこのあたりの時間から猛威を振るい始める。


□ Late game(終盤 30min~)
このあたりの時間帯からSkill Fighterのスキルダメージはほぼほぼ頭打ちになり、相手もそれなりの対策を講じてくる頃。(Armor関係を上げてきたり、Bkbを持ったり)
この時間帯からは、戦闘の主体はCarryと呼ばれる主に殴りでのダメージで戦闘をするタイプのHeroになってきます。
また、この時間帯からのWipe(チームファイトにおける負け)はそのままゲームを決定することにもなりかねないので注意。

Q.
つまりはどういうこと?!

A.
このゲームにおいて明らかに自分の強いとされる時間帯(Lv帯)は決まっている。
・そのポイントに素早く到達するために動く
・到達した後はこんどはチームとしてのアドバンテージを得るために動く
この辺がゲームの流れを五割方決める。

6. レーン(主にサイドレーン)での動き方について
■ハラス(特にレンジヒーロー)
まず何故ハラスが重要なのか。
それはハラスをすることで敵のHPを削り、自分達がより簡単にKillをとれるようにするため。相手もその辺分かるだろうからプレッシャーを与えることにもなる。
このSkillとこのSkillをぶつけたら敵は必ず死ぬ。毎度毎度そういうHeroの組み合わせ or 状況であればしなくても良いけど、勿論そうは問屋が卸しません。
よっぽど馬鹿じゃない限り敵側からしたら勿論上に書いたことは百も承知な訳で、ハラスくらったらハラスを仕返したり、回復アイテムを使ったりもする。だからハラスの仕方や、プレッシャーのかけ方が重要になってくる。

特に初心者で一番よく見られるのは、真正面からハラスしに行って、逆に返り討ちにあったり、自分の方がHP削れちゃったりすること。
これは一番良くない。自分たちが殺しに行くためのハラスなのに、相手に殺されて経験値を与えたり、殺されることによって2v1の状況を作るようなことになってしまう。

Q. 
じゃあどういうハラスの仕方すればいいの?


A.
横から殴るとかして頭使ってハラスする。
特に相手が2rangeの時とか真正面からハラス仕掛けたところで1発殴る間に2発殴られて絶対自分の方が痛い。
だから相手に見えにくいところから片方のレンジにしか入らないようにしてハラスするとか、工夫したハラスをしましょう。
如何に自分が一方的に相手にダメージを与えることが出来るかがキモ。

これはプレッシャーの与え方にも言えることで、例えばSwiftと組んでるときに、真正面からスキル当てに行こうとすればそりゃ敵は逃げるし、下手すると先手喰らって自分が喰われる。
そこで横に潜むことで相手にプレッシャー与えたり、舐め腐った位置まで来たらSkillぶつけて殺しにかかればいい。

■Killの取り方
主に2vs2のサイドレーンの場合において、かなり重要なのは、どっちを狙うか。そりゃ殺しやすい方でしょ?
HP少ない方であるとか逃げスキル持ってない方であるとか、相方からのカバーが入りにくい方とか。
ex1. Hammer Pyro vs valk Witch
Valk狙ったときにへたすりゃLeapで逃げられるわ 横から確定スタンもってるWitchからカバー入るわで良いこと無いよね?
Leapも持ってないWitchにサクッとスキルぶつけて消し飛ばした方が良いよね!

また、スキルのぶつけ方にしても、Pyro & Hammerで Witchを狙うとき、Pyroから入ろうとしても、確定じゃないから、下手すると当たらない。
Hammerの確定スタン入れたところにPyroがスタンを狙った方がスマートだよね!

ついでに言うと、スタンの当て方にしても、2秒スタン+1.6秒スタンを持つ二人。一斉にぶつけちゃうとただの2秒スタンで非常に勿体ない。
2秒のHammer確定スタン入れたところにちょっと間をおいてPyroが1.6秒スタンを入れれば、理論上3.6秒間相手は身動きがとれないって事で、その間に殴れること考えてもお得!
これはレーンじゃなくてもGankに動いたときとか集団戦の時とかにも役立つ。
(勿論ケースバイケースで、サクッと消し飛ばさないといけないときとかは、また別のお話。)

Q.
つまりはどういうこと?!

A.
殺しやすい相手を見極めろ!
Disableは繋げた方が得!



■レーンに行く前に
だいたいの予想で良いから、どういうHeroの組み合わせでレーンに分かれた方が良いかを考えよう。Killとれるに越したことはないんだから。
敵側についてもしかり、どういうHeroの組み合わせがどのレーンに来るかを考えることで、もし、自分がそれのアンチとなるスキルを持ってるんだったら、敵のKillチャンスを下げることが出来る。

■レーンに出てから
・どういうスキルの組み合わせで敵を殺すことが出来るか
・どういう所にいると、どういう事をされると自分/相方が殺されるか
を考えろ!

Comment
No title
`L_`
↑これ顔だよ
No title
そう書いてhagikunって読むのかな?!
無題
hagikun て読むんだね
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL:

PR